ア ヒラガデザインの仕事スタイル

そろそろコロナも落ち着いてほしいこの頃。
うちのスタジオも1ヶ月半自粛して明日から再開。

ただその間は、企画の依頼、WEBサイト、ロゴマーク他コンサルやデザインやプロジェクト関係の仕事を頂くことができて本当に何より。

数十業種において僕一人が担当者であるやり方は、日本でもほぼウチだけだのスタイルで、お客様にとっては担当が変わらないというのは、非常に話しが早いと思っていただけることだと思う。

そもそも営業もクリエイターも同一人物なんて、あまり聞かないしどちらかと言うと僕は営業マンを育成する講師だったし社員教育の担当だった。

今はいろんなプロを兼任しているが、それらはお客様の問題を解決するための引き出しとして必要だと思っている。

会社で役員をしていた頃は組織の育成に、それぞれ部下に対して職務領域というものを明確にしてあげてきた。どの会社組織でもそうだが、職務領域が曖昧だとトラブルになったり効率や生産性が落ちることがある。

ただ今後はそういった自分の領域というものはどんどん広げた方がいい。そうするとモノゴトを多角的な視点で考えられるようになる。

いろいろと手を広げることは大事だけど、広げたら中途半端にならずしっかりとクオリティの追求していかなければばらばい。

広く深く。
これからより大切になる要素だと思う。

僕もがんばります。

岐阜・名古屋|デザイン経営とブランディング
A HIRAGADESIGN