グラデーション

グラフィックデザインにグラデーションは
あまり使わない方がいいと思う。

グラデーションをかけることで、デザインした気になり
勘違いしやすい手法だが、実は安っぽくなりがちで
かえって陳腐な印象になってしまう。



例えば金属感を出す場合、グラデーションだけでは表現できない。
光源や露光の度合い、質感の処理など技術的な処理が必要になる。
グラデーションを使用する場合は何か物足りないからで使用せず
全体の調和を考え抜き比率をしっかり考慮する必要がある。

上はグラデーションを全面に出した場合の作例。

 

 


基本的に無色のコントラストだけで表現出来ることを念頭におき、
そこから色を加える場合は2色ないしは3色で抑えるといい。

 






岐阜・名古屋|ロゴデザイン・ブランディング
ア ヒラガデザイン

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2017.10.4

    中秋の名月
  1. 2017.10.4

    中秋の名月

カテゴリー

PAGE TOP